肝斑はレーザーで薄くできる!気になる治療法

レディ

ウルセラシステムの効果

女性

ウルセラシステムはサーマクールを超えた新しいたるみ治療です。超音波エネルギーで顔の皮膚を支えているベースである表在性筋膜を刺激し、たるみを解消します。照射するだけで顔にはまったく傷がつかないので安心です。

詳細へ

肌の深部にできるシミ

レディ

レーザーや薬で薄く

肌では、刺激を受けることでメラニン色素が作られるのですが、そのメラニン色素が沈着することでシミができます。そのためシミは、肌に刺激を与える紫外線を浴びる肌表面に、特によく生じます。しかし、肌は紫外線だけでなく、ホルモンバランスの乱れによっても刺激を受けます。ホルモンバランスの乱れは体内で起こるのですから、その刺激は肌の深部に与えられることになります。つまりメラニン色素が肌の深部で作られるということですが、これによって生じるシミは、肝斑と呼ばれています。肌表面のシミは、美白化粧品やピーリング石鹸で除去することが可能ですが、肝斑の場合はそれらでは除去できません。深さがある分、美白成分などが届きにくいからです。そのため肝斑に悩む多くの人が、除去のために美容外科での治療を受けています。美容外科でなら、レーザー治療や薬による治療で、肝斑を薄くしていくことができるのです。

それぞれの効果

肝斑の治療には、具体的にはQスイッチヤグレーザーと、トラネキサム酸で作られた飲み薬とが使われます。Qスイッチヤグレーザーとは、波長を自在に変更することのできるレーザーです。これを波長の長い状態で肌に照射すると、肌の深部にも熱が届き、そこでのターンオーバーが促されます。これにより、沈着したメラニン色素が古い肌細胞と一緒に排出されやすくなるわけです。またトラネキサム酸には、刺激を受けたという情報を体に伝えにくくする作用があります。そのためこれを服用すると、肌が実際にはホルモンバランスの乱れによる刺激を受けていたとしても、体がそれに反応しにくくなります。つまり、メラニン色素が多くは作られなくなるということですから、それにより肝斑は目立ちにくくなっていくのです。