顔の印象でマイナス5歳|肝斑はレーザーで薄くできる!気になる治療法

肝斑はレーザーで薄くできる!気になる治療法

婦人

顔の印象でマイナス5歳

女の人

顔の筋力で老け顔防止

どんなにオシャレしてメイクをばっちりしても、顔がたるんでほうれい線があったら、せっかくのオシャレが台無しなうえ、若作りの痛い人と思われる可能性もあります。メイクでは隠し切れないほうれい線の改善予防をすることはかなり重要で、肌のアンチエイジングと同時進行で取り組むべきです。ほうれい線の改善予防に効果的なのが、顔の筋力アップになるエクササイズで、ベロ回しエクササイズというのがとても手軽です。ベロ回しエクササイズは、口を閉じた状態でベロを歯の表面に沿うように回すというだけのもので、テレビを観ながらや仕事の休憩時間などに簡単にできます。毎日続けていると確実に顔の筋力がアップし、ほうれい線だけでなくたるみや二重あごにも効果が出ます。継続することで効果が出ますが、早急にほうれい線を何とかしたい人は、美容整形で治療をすると早く効果が得られます。

美容整形で改善させるには

美容整形でほうれい線治療となると、治療方法の種類の他にも費用や副作用などの不安が少なからずあることでしょう。最近の美容整形では、ほうれい線治療にメスを使うことはほとんど無いので、痛みや傷跡の心配はしなくても良さそうです。どうしても不安なら、美容整形でのカウンセリング時に抱えている不安を全て話すと、最善の治療方法を提案してくれます。美容整形でほうれい線治療をしても、改善されるのは一時的なものと言われていて、加齢とともに再びほうれい線が現れてしまいます。ですので、美容整形での治療効果を永久だと思わずに、その後に顔の筋力アップを生活に取り入れて予防すると良いでしょう。施術前に、必ずリスクや効果の持続性を確認することも大事です。